コンテンツへスキップ

5月5日 こどもの日祭

こどもの日の長坂 皆さん、こんにちは。5月5日水曜 快晴 諏訪の森は今、神域の大クスの新緑が映え一年で一番、清々しい境内となっています。されど、この大クスと澄み切った青空を見てもため息がでるのは、私だけでしょうか?今年は、コロナの影響で人も物も動かない物静かなゴールデンウイークとなり寂しい限りです。長坂のこいのぼりも、どことなく、元気がないように見えます。本来であれば、恒例の「長坂上り大会」が行われ、元気な子供たちと応援のご家族連れで境内は賑わいを見せますが本当に残念です。毎年参加している子供たち、来年はまた、元気な姿を見せてください。

さて本日行われた「こどもの日祭」は、子供たちの健やかな成長と幸せを祈るお祭りです。こどもの日は、端午の節句として古代中国から伝わり広く親しまれいます。端午とは、その月の最初の午(うま 十二支のひとつ)の日を指していますが、午(ご)と五(ご)が同じ音であることから、5日となり、やがて5月5日になったそうです。日本では、奈良、平安時代頃から始まり、軒に菖蒲をさし、それに向かい弓を引くことで、子供たちの健康を願ったそうです。江戸時代になると武家の男子のお祭りとなり、また、菖蒲の花を飾るのは、武勇を尊ぶ意味の「尚武」と音が通じることから盛んになりました。更に町人が力をつけて豊かになった時代で次第に庶民の文化としても広まりました。そうして立身出世を願って鯉のぼりを飾り、強くたくましく育つようにと武者人形を飾る風習も生まれ現在に至っています。

来年のこどもの日は、「人が溢れ、笑顔が溢れる」一日となりますように。次回は5月15日 湯立祭をお届けします。 神主М

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です