コンテンツへスキップ

5月15日 湯立祭(ゆたてさい)

巫女による湯立舞い

湯鉾の祓い

湯笹の祓い

皆さんこんにちは。5月15日金曜 曇り 昨日、政府の発表によりコロナによる緊急事態宣言が大方解除され、わが長崎県も解除の対象となりました。ホッとするとともに今後の生活がどのようになっていくのか不安も残ります。本日、午前10時恒例の湯立祭、コロナの影響で神職による奉仕で行われました。

湯立祭の歴史は古く、当社の創建当時までさかのぼります。諏訪神社は初代宮司の青木賢清さんにより、寛永2年(1625)に創建され、その翌年の寛永3年から湯立祭が始められました。湯立祭は神道における祓いの神事を多く取り入れ、私たちが知らないうちに犯した「罪・けがれ」を祓い除き、澄み切った心身に立ち返る神事です。2月から9月と12月は15日に行われ、それ以外の月は、1月2日・10月8日・11月19日に行われます。湯立祭の参列者は、湯立講社という崇敬会の会員の方に限られます。現在、会員数は250名、湯立祭への参列のほか神道講演会・神社参拝旅行などの行事もございます。入会ご希望の方は神社おふだ所までお尋ねください。

コロナの影響で何かと息苦しい毎日が続きますが、早く当たり前の生活が戻ることを願っております。次回は、6月1日 本来は「小屋入り」で長崎くんち踊町の清祓ですが、ご周知のとおり本年の長崎くんちの奉納踊りは取り止めとなりましたので、それに代わる「例大祭斎行奉告祭」をお届けいたします。神主М

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です